開発記:スニーカーブランド ブルーオーバーの、靴下開発<前編>

share on

ブルーオーバーの旗艦店であるストラクトでは、奈良の靴下ブランド<ニシグチクツシタ>の履く人思いの靴下が大人気。店頭でスニーカーをお選びいただいたお客さまに、「この靴にはどんな靴下が合いますか?」とご質問いただくことも相当な頻度です。

靴を買う時に、靴下も合わせて買う。これって、すごく自然なことなのですが、ことブルーオーバーの靴と合わせる靴下に限っては、少しだけその重要度が上がるのかも…と、わたしは思い至りました。

このコンテンツでは、新発売のブルーオーバーオリジナル靴下<b_OFFICIAL COTTON RIB SOX>開発の一部始終をスタッフ江川がしたためます。ブルーオーバーのイメージをほんの少し裏切って、カジュアルでカラフルな靴下が生まれた裏側とは?

一言コメントはデザイナー渡利です!


靴下開発にいたるまで

冒頭で、「ブルーオーバーの靴と合わせる靴下に限っては、少しだけその重要度が上がるのかも」と書きました。何故わたしがそう考えたかというと、ブルーオーバーのスニーカーは類を見ないくらいにシンプル。それはつまり、合わせる靴下によって、ガラリと印象が変わるということになります。

更にいうと、ブルーオーバーの代名詞とも言えるモデル”マイキー”は、発色の良いベロアを一枚革で用いているのが魅力の一つですし、”ショーティ”や”コポリ”にも、デザインがシンプルだからこその大きな面積で、配色が施されています。

普段クロ、シロ、茶の靴をよく履いている方には、色味がはっきりした靴を履くこと自体がちょっとした冒険とも言えるかもしれませんし、合わせる靴下や服の選択肢も変わってくるのではないでしょうか。

ここで少し個人的な話しをすると、わたしがブルーオーバーの靴と合わせる靴下は基本的にいつもコットンの白でした。それこそ<ニシグチクツシタ>さんのエジプトコットンリブソックスは靴のデザインを邪魔しませんし、しっかり厚みもあります。超長綿を使っているからか、綿の風合い豊かでブルーオーバーのレザーとも相性抜群。履き心地も最高です。正直、ブルーオーバーと合わせるならこれ以上の正解はないのでは?と思うほど。

ブルーオーバーには、上質でプレーンな靴下を合わせるのが至上。という暗黙の了解があったからこそ、これまでオリジナルソックスは販売してきませんでした。

ブルーオーバーマルコと、ニシグチクツシタのエジプトコットンリブソックスの組み合わせ

シンプルな靴下はやっぱり合うんだけど、ずーっと履いていると少し遊んでみたくなるのが人の心情。ブルーオーバーの靴はシンプルだからこそ、靴下はこの一足というのを見つけたい!

そう。上のコメントからも分かる通り、暗黙の了解に反してブルーオーバーのデザイナー渡利はカラフルな靴下を履いていることが多いんです。シンプルなブルーオーバーには合わないんじゃ?と敬遠しそうな靴下なのですが、実際はその、カジュアルで、カラフルで、少しスポーティな靴下が、妙にブルーオーバーのスニーカーにマッチしていて良い感じ。

意外と、「シンプルなブルーオーバーにはプレーンな靴下を合わせるに限る」というわけでも無いらしい! ブルーオーバーをデザインする渡利ならではの靴下の組み合わせによって、ブルーオーバーの新たな一面を感じた瞬間でした。

渡利のスタイリングにならって、ブルーオーバーと組み合わせるのが楽しくなる靴下をブルーオーバーユーザーに提案したい。
<上質だけど少しカジュアルかつカラフルで、ブルーオーバーにしっくりくる靴下>の開発がスタートが決定しました。

まあ派手っていってもグラフィック全開ってなことでなくてですね。色の組み合わせで遊びたいんです!あと履き心地もええやつが欲しいな

西口さんに相談だ!

ニットウィンさんに依頼してつくっていただいた、ブルーオーバー7周年のノベルティソックス

そうと決まれば、7周年の記念にノベルティとして靴下を作ってもらったこともある、ニットウィン(ニシグチクツシタ)の西口さんに相談! そしてとんとん拍子に打ち合わせへ。

  • ブルーオーバーからの要望
  • ・全体的にカジュアルかつ少しだけスポーティな雰囲気にしたい
  • ・履き心地はエジプトコットンリブソックスが理想
  • ・無地ではなく何かワンポイント入れたい
  • ・足を組んだ時に肌が見えない長さにしたい

何しろこちらは靴下に関しては素人。最初に伝えたのはこんなざっくりとした要望でしたが、靴下の専門家である西口さんと相談するうちに、少しずつサンプルを作るための具体的な仕様が固まっていきました。

7周年記念ソックスではマイキーの横顔の刺繍を入れましたが、今回は編地を変えてワンポイントのアクセントにして、少しオールドっぽい雰囲気にしたかったんです。あと靴下の長さ。これ大事ですよね。怪しげなふくらはぎが見えないようにしたい。なので、ほんのちょっとだけ長めに作っていただくことにしました

ワンポイントとして、編地の色を変えてブルーオーバーの頭文字bマークを入れることに。マークはドット絵の形式で提出

ファーストサンプルの到着

打ち合わせから少しして、西口さんからファーストサンプルが届きました。思っていたよりも少しbマークが平たくなっていますが、そこは最終的に調整するとして。一番大事なのは履き心地やサイズ感。ブランドメンバーそれぞれが実際に履いて試してみました。

さすがは西口さん。わたしの個人的な感想としては、きめ細かくてすごく好きな履き心地と肌当たり。パンツを履いた時にチラッとbマークが見えるくらいの丈感も良い感じです。

ファーストサンプルを実際に着用。くるぶしあたりの透け感が気になる

しかし、足のサイズや身長が違う渡利が履くと、編地が伸びてしまってちょっと透け感が気になる。全体的な雰囲気も、今回の開発主旨と照らし合わせると、カジュアルさやスポーティさがもう少し欲しい

足裏やつま先に入ったパイルは、履き心地最高なんだけど。履いた時の編み目の透け感がすこし気になるなぁ。履いてももうすこし編み目が広がらなくて、それでいて”ふわっ”としてるような。なんともワガママ仕様に持っていきたい。けど、西口さんにおこられるかな…。
製品開発はファーストサンプルの調整からが大変なのはいつものこと!

理想のブルーオーバーソックスに近づけるために、どこをどう調整するべきか?西口さんと相談している内に、どうやら編地の大きさがカギになりそうなことが分かってきたのですが…。

セカンドサンプルから完成までは、後編へ続きます。

後編を読む>

関連プロダクト

サイズページ

サイズに
ついて

詳しく見る
製靴道具

Shoe
making

詳しく見る